英語対応の自動車保険はどんな人が使うの?

国際結婚をして、夫は外国人です。日本語は初心者レベルのリスニングとスピーキング、読み書きに関しては皆無に等しいレベルです。国内では英語のみを使用する仕事をしているために、普段の生活では大きな支障はありません。日本語で書かれた説明書や申込書そのほかの表示などについては、私が要所を翻訳することで何とかなっています。

ただ、専門的な分野になると私の通訳や翻訳では満足してもらえないことがしばしば。特に、自動車に関しては、私は無知でまったくといっていいほど知識がありません。日本語で読んだり聞いたりしても分からないものを、英語に翻訳して伝えるのは不可能です。中でも、自動車保険に関してはとても重要な事柄ですので、夫としては細かい部分まで自分できちんと知っておきたいと思うのでしょう。そういうときに、英語対応をしている自動車保険を発見したのです。夫はすぐに連絡し、英語で詳細まで説明されてとても安心したようです。

自動車保険を探すときに、日本人であれば細かいサービスや補償内容を重視するものでしょう。でも、外国人の夫が何よりも重視したのは、英語対応があるという部分でした。日本に住む外国人にとっては、言葉が分からない、通じないというのが一番ストレスであるようです。そこで、自動車保険の補償内容よりも、英語対応があるというのが最優先ということでした。

夫は、会社の同僚や友達など日本語がよくできない人たちにも、その自動車保険をおすすめしていました。英語圏ではない外国人の方もいましたが、日本語による複雑な表現よりもまだ分かりやすい、ということで選ばれていたようです。実際、友達のひとりが交通事故に巻き込まれたのですが、動揺してしまい、ちっとも日本語が出てこなかったそうです。そういうときに、英語対応の自動車保険に加入していたために話が通じて、本当に助かったといっていました。日本に住む外国人にはおすすめだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする